RSS | ATOM | SEARCH
オートマジックフラワー
JUGEMテーマ:ガーデニング入門

宿根草の庭

春の花は今が盛りに咲き始めました。
昨年はプランターやハンギングで楽しみましたが
今年は花壇の準備もまあまあ出来たので
こぼれ種や宿根草を庭にレイアウトしました。

いよいよオートマジックフラワーが年々きれいになっていくでしょう。

オートマジックフラワーとは
私が勝手にそう呼んでいるのですが
大して手入れをしなくても毎年、季節、季節に
ある程度の花やグリーンが楽しめるベースのことです。

こぼれ種、地下茎、植えっぱなしの球根、宿根草、多年草・・・
いろいろ工夫して組み合わせて四季折々の顔を見せてくれたら
どんなに楽しい庭になるでしょう。

それも自分の意図とは別のところで
思いがけずに咲いてくるものを見つける事も出来るのです。

今は紫が優勢ですがこれからは年々
春のビオラもいろんな色や種類を
こぼれ種で咲かせてしまいたいと思っています。

昨年、金木犀の下に2,3の株を見つけていた紫のビオラは
今年はいくつもの列を作ってその周辺に咲いています。

これは一昨年以前に根元に戻したプランターの土から芽が出たのです。

去年、ビオラが終わる頃
苗のほとんどを土に植えておきました。

花ガラ摘みをして管理しますと綺麗に咲きますが
種にはなりませんので
ハンギングやプランターの植え替えの時
少し早めに土におろして
最後の頃の花は種になり土に返してあげたのです。

そんなビオラたちが今年の紫のグラデーションを作ってくれたわけです。








author:Naturaleza, category:手作りガーデニング, 18:52
comments(0), trackbacks(0), - -
間伐材を花壇の仕切りに
JUGEMテーマ:ガーデニング入門
 

大きくなりすぎて困っていたグミの木が庭にあるのですが
春に大きな枝もばっさり切りました。
庭に無造作に積んであった伐採木・・・・
いつか何かに使いたいな・・・と思っていました。

それをエコな花壇の仕切り材として使ってみました。



こぼれ種のアリッサム
シロタエはハンギングの中にあったもの、
ノースポールもこぼれ種。

小さな葉っぱが見えますが
こぼれ種のビオラたち。



ネメシアは夏に挿し木しておいたのが
ちょうど良い苗に成長していたので定植しました。



いただいた葉牡丹の苗
ちりめんタイプの紫です。
author:Naturaleza, category:手作りガーデニング, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -