RSS | ATOM | SEARCH
ペチュニア 2度目の春で

ペチュニア 育て方 ガーデニング

冬越しをして
ここまで咲いてくれるとは!!!
感激なペチュニアです。

詳しくはカテゴリ別 ペチュニアのページへ

author:Naturaleza, category:ペチュニア, 13:45
comments(0), trackbacks(0), - -
ピンクも咲き始めました
JUGEMテーマ:ガーデニング入門
冬を越すペチュニア

まあ、ちょっと初年の勢いはまだないのですが
やっと温かくなった春らしく咲き出しました。

ピンクも咲き出しましたが
たぶん元々は紫だったような気がするんですが。

090620_1149~0001.jpg

そうそう、これが元の花です。
元祖帰りをしてしまうのでしょう。



author:Naturaleza, category:ペチュニア, 17:04
comments(0), trackbacks(0), - -
咲き始めました。冬を越したペチュニア
冬越しのペチュニア 

先日から咲きそうで咲かない・・・・・
というか寒くて咲けなかったペチュニアがやっと咲き始めました。

昨年の春、それもかなり早い頃
へえ〜、ペチュニアって夏じゃあないの?
と、思ったのでした。

この白いのは友達が買って来てくれたものです。

元々は大きくてフリルっぽい感じで咲いていましたが
段々痩せてしまって花も小さくなってしまうのでしょう。

肥料は切らさないようにハイポネックスやマグアンプなど使いました。
花は小さくなったけれど
たぶん、それも功を奏して長生きしてしまったのです。

すっかり枯れてしまえば惜しげもないのですが
つぼみも残ったまま葉は綺麗な緑でしたからとても処分できず
あちこちにあった苗をここに一つにして管理することにしました。

いつ咲くか、咲かないのかも分かりませんから
花の時期を合わせられず
寄せ植えにしておくには予測が出来なくて困るからです。

温室ではないので通常の季節に咲くのだとしたら
初夏になるでしょうから
春早い時期に綺麗にしたい寄せ植えには間に合いません。

万が一咲かなくて処分したい時には
そこの部分が空いてしまいます。

咲き出した時にはペチュニアの大鉢になること請け合いです。

それにしても
咲いてくれてよかったです。

無理やり引き伸ばしして咲かせるのも
なんだか嫌だったのですが
花も遜色なく綺麗ですし
ホッとしました。





author:Naturaleza, category:ペチュニア, 11:42
comments(0), trackbacks(0), - -
寒さに震えるペチュニア 2年目の春
ペチュニア

やっとつぼみも見え始め
さぁ〜〜咲き出そう!!と思っていると思うけど
可愛そうに冬を越して2年目の春が来たと言うのに
咲くことも出来ずにいるペチュニア。

先週末から
つぼみが見えてきているのに
寒くて咲けないでいます。

去年咲いていた様子や冬越しのことは【カテゴリ:ペチュニア】へ
author:Naturaleza, category:ペチュニア, 15:55
comments(0), trackbacks(0), - -
夏花の冬越し ペチュニア
JUGEMテーマ:ガーデニング入門
ペチュニア

ペチュニアがまだなんとなく咲いているので
そのまま夜間はビニールをかけてあげて冬越し中。

年明け本格的な冬に耐えられるのかどうか・・・
見守っています。



十分日が差して暖かさを感じる頃
10時頃ですかね〜
ビニールを取ってあげます。

鉢には花の高さよりも眺めの棒を差して
それを支えにビニールをかけるだけです。

今の気温は何とかなりますが
2月辺りはどうでしょう。
様子をみていきましょう。

簡易ビニール温室もいいですよね〜

author:Naturaleza, category:ペチュニア, 11:09
comments(0), trackbacks(0), - -
まだまだ元気なペチュニアたち




相変わらず元気に咲いてくれているペチュニアです。

冷え込んできたので初霜に合わせて
霜に当たらないようにベランダのテラスの中に置きました。
今日は1日雨模様のようですが何日か暖かい日が続いたので
花壇植えだった八重咲きのピンクのペチュニアを移植しましたが
なんとか元気になりました。

室内に入れきれない匂いゼラニウムも試しに寄せ植えしました。
ここでこのままでは真冬は越せないでしょうから
冬越しの方法をいくつか考えています。

室内に取り込めば一番いいのですが・・・・




コンシネと植え込んだ夏の寄せ植えですがまだ花を付けて元気なので
やはり雨や霜を避けてテラスの屋根の下に置いてあげています。

ビオラのこぼれ種から芽が出ているのでそれを育てながら・・・

赤や緑のトーンの違う植物を補って上げたら季節感がでるかもしれません。

白いペチュニアは春購入した5株がみんな元気です。

元気な訳は適度な肥料が良かったのでしょう。
春から夏にかけてハイポネックスの液肥を週1回ペースであげていました。
でも、まま、忘れたり・・・
切らせてしまって、あげてない時もありましたし・・・
100均で買ってきた化学肥料をあげたりもしました。

100均の肥料も結構良くてパラパラ蒔いてあげると
元気になり花が増えます。

それが面白くて他の鉢もあげていたので
今年はどれも元気に育ってくれましたね。
author:Naturaleza, category:ペチュニア, 07:40
comments(0), trackbacks(0), - -
ペチュニアの切り戻し 今シーズン最後かな?
090907_0959~0001.jpg

一見すると元気に良く咲いているようですが
花で見えない内側は徒長して茶色に枯れています。

思い切って切り戻すことにしました。
今週天気が悪いらしいので
どのみち花は終わりで痛んでしまうので
この秋に向けて一休み、最後の一花咲かせてみようと思ったのです。
根元の土からはビオラもこぼれ種から芽が出てきました。

今年は種まきでビオラを育てるつもりですが
これも大事にしていこうと思います。



これも茶色に枯れながら伸びていたので
新芽がある所まで切り戻しました。
今日咲いていた花は切ってしまい
つぼみだけ残したので2,3日で一斉にまた咲くでしょう。



こちらも同じく!
これが一番力が残っていると思うので
きれいに咲くと思います。
さて、どうでしょう。






author:Naturaleza, category:ペチュニア, 17:04
comments(0), trackbacks(0), - -
元気になったペチュニア
090918_0807~0001.jpg

シーズンが終わり枯れるのを待つのかと思っていたペチュニアが元気に復活しました!

090918_0807~0002.jpg
author:Naturaleza, category:ペチュニア, 08:34
comments(0), trackbacks(0), - -
大切なのは花ガラ摘み  ペチュニア編
ガーデニング入門 お手入れで花の咲き具合が違う ペチュニア編

春からずっと咲いているペチュニアの2つの鉢で
花の咲き方に差が出てきました。

これは良く咲いている方↓
徒長したんですが間に芽が出て花で埋めてしまいました。
すごいと思います。
勢いも良くて、まだまだ咲きそうです。
奥に見えるのはもう一つの咲きが悪い方なんですが。

090907_1028~0001.jpg

比べるためにわざとしたのではないのですが
こんな結果が出てしまいました。

苗の購入、水遣り、肥料は同じです。

これが花もまばらで勢いがない方です↓
夏の間に咲くに任せていたのです。

090907_1000~0001.jpg

違いは・・・・・

,茲咲いた方には土に保湿剤を混ぜてある事

花ガラ取が良く出来たかどうか

この2点が違いました。

むしろ下の画像の咲きが悪くなってしまった方が
スタート時点では分枝もほどこし
手入れが行き届いていたほどでした。

夏の天候も同じ環境です。

多少、保湿剤のおかげかな・・・と思うくらいの差はありました。
少しずつでも体力が温存でき回復力があったのかと思います。

お盆明けは同じくらいで花もありましたが
夏のダメージもありますから
このままですと苗はシーズンも終り・・・だと思うのです。

でも無事夏を乗り越えたのですし
肥料をあげて花ガラを摘むようにして
秋から晩秋まで咲いてくれるように手入れを再開しました。

偶然、おいてある場所のためだと思うのですが
良く咲いている方から花ガラ摘みをしていきますと
もう一鉢はついやり残していたのです。

そうしているうちに、気づいたらこんなに差が出てしまいました。

花ガラを摘むのは大切な手入れですね。


090907_1001~0001.jpg

まずペチュニアの花何日か咲いてしぼみますが
しぼんだばかりの時は
明日咲く蕾にちょっと似ています。
蕾は伸びていますから
慣れてくるとすぐ見分けはつくんですが。

花が咲き終わって残ったガクの部分に
種が出来るので切り取ってあげます。

花ビラが落ちた後は一見これから咲く蕾の様にも見えてしまいます。

咲き終わったらこれを切ってしまうと
種が出来ないので次の花が咲き始めます。



author:Naturaleza, category:ペチュニア, 10:30
comments(0), trackbacks(0), - -
八重咲きペチュニア
JUGEMテーマ:ガーデニング入門

090830_1207~0002.jpg  



肥沃な土の花壇なので
ほとんど何もしてあげてないのですが
花も大きいまま色もきれいです。

090918_0742~0001-0001-0001.jpg

肥料不足では色がつかなくなり
花も小さくすくなくなります。

肥沃な土と思っていますが
昔、台所の生ごみを散々入れてある場所なのです。
最後に入れてから数年たちまして
十分土が出来ていると思っています。

踊る葉牡丹はこの横で育てています。

▼踊る葉牡丹つくりへ
 
author:Naturaleza, category:ペチュニア, 13:10
comments(0), trackbacks(0), - -